• 遺品整理

遺品整理とは何か?エバーグリーンが大事にしている心構え

遺品整理とは何か?エバーグリーンが大事にしている心構え

社会の高齢化が進むにつれて、遺品整理を専門に扱う業者が急増しており、悪質な遺品整理業者の増加が問題になってきています。

遺品整理を業務として行うにあたっては、そもそも遺品整理とは何か?ということをきちんと考え、ご遺族様にのこされた大事な遺品に向き合う姿勢が必要です。遺品整理業者を選ぶにあたっては、そうした姿勢をきちんと持っている業者かどうかを見極めていただくことが、とても大事です。

そこで今回は、遺品整理とは何か?ということについて弊社エバーグリーンの考えをお話するとともに、悪質な業者の現状や見極め方、そしてエバーグリーンの遺品整理サービスについてご紹介いたします。

遺品整理とは何か?

遺品整理業者に求められるもの

遺品整理とは、亡くなられた方が遺した品を整理する作業のことです。

そして、お客様に代わり遺品整理をしたり、あるいはお客様の遺品整理をお手伝いする専門の業者を遺品整理業者といいます。弊社エバーグリーンも遺品整理業者のひとつです。

遺品整理は、単なる部屋の片付けやゴミ処分ではありません。故人様とご遺族様のお気持ちに寄り添い、真摯な気持ちで大切な遺品を取り扱う。こうした心構えが、遺品整理を行う業者には求められます。

遺品整理と不用品回収の違い

遺品整理がただの片付けやゴミ処分と最も違うのは、

「どこにあるかわからない大切な物や貴重品を探しながら、部屋の整理をする」

という点です。

大切な思い出の品を見つけ出し、ご遺族様のお手元にお渡しする事で、故人様との思い出をしのぶ縁にしていただけますし、通帳や証書類があれば相続等の手続きをスムーズに進められるようになります。

「部屋が片付いて、故人も私もほっとしたように思える」

と、お声をかけて頂いた事もあります。

物の整理だけではなく、ご遺族様のお気持ちまで整理するお手伝いをしたい。それが本当の遺品整理であると、弊社では考えています。

悪質な遺品整理業者にはお気を付けください

乱立する遺品整理業者とその現状

今の日本において、社会の高齢化は加速の一途を辿っており、これに伴い遺品整理のご依頼も増加傾向にあります。同時に遺品整理を手掛ける業者の数も増えてきており、特にここ数年は全国各地で業者が乱立する状況にあります。

しかし残念ながら、遺品整理に本来求められる品質を満たすサービスを提供できている業者ばかりというわけではなく、むしろ様々な形でトラブルを起こすような悪質な業者が増えてきているのが実態です。

表.遺品整理サービスをめぐるトラブル事例(総務省「遺品整理のサービスをめぐる現状に関する調査結果報告書」から抜粋し作成)

強引な勧誘・作業の実施夫を亡くした高齢の女性が、廃品回収の事業者の軽トラックを呼び止め、遺品整理を依頼した。後日、事業者は不用品を回収して行ったが、その後、女性宅に電話をかけ、「もっと不用品があるんじゃないか。」と言ってきたという。「もう不用品はないから」と断ったが、「あるはずだ。」と言い、突然訪問して家の中に押し入り、引き出しを開けていたという。
作業内容のトラブル(遺品を勝手に処分)遺品を処分するために、インターネットで探した事業者3社から見積りを取った。一番安い事業者に依頼し、作業員 3 人に作業してもらった。その場で自分が不要か必要か判断して近くにいた作業員に指示を出し、2tトラック3往復分の遺品を運び出してもらったが、翌日ラジカセがないことに気がついた。その後も DVDプレーヤー、ゲーム機、布団、辞書がないことが分かった。これらは自分の物で、遺品と分けて事業者に処分しないように指示したものであるが、誤って別の作業員が運び出したようだ。
作業内容のトラブル(作業未了・途中放棄)賃貸アパートに住んでいた姉が亡くなって大家から期日までに退去するよう求められた。事業者とともに姉が住んでいた賃貸アパートで見積りを行い、事業者に期日までに姉の家財を撤去するよう頼んで32万円で契約した。事業者が 2tトラックで家財を運ぶ約束であったが、軽トラックであったため全て撤去できなかった。期日までに撤去できそうになかったので残りの作業を断って私と知人が片付けることにした。事業者に電話して断ると「32万円を支払わなければ撤去した家財を送り付ける」と言われた。

遺品整理の業者を選ぶ時のポイント

遺品整理は、身近な人を亡くされたことで初めて発生する作業という性質上、業者に依頼する際に「どのような業者が適切なサービスを提供してくれるか」「悪質な業社を避けるためには」といったことを判断するための情報や経験値がほとんど無いケースが多く、その点を悪質な業者は突くようにして、言葉巧みにお客様を勧誘してきます。

専門業者に依頼する際には、次に挙げるポイントを踏まえて、適切に作業を行える業者かどうかを見極めていただくと良いでしょう。

  • 遺品整理の実績や事例がきちんとある
  • 清掃作業、ゴミの回収、不用品の買取に関する行政等の許認可・資格を取得している
  • 作業料金について具体的な表記がある

優良な業者であれば、これらの情報をホームページやパンフレット等にきちんと掲載しています。業者にご依頼いただく前に、是非ご確認いただくことをおすすめします。

エバーグリーンの遺品整理サービスの詳細

① お問い合わせ・ご相談

Japanese man at hand using a smartphone

弊社では、フリーダイヤル【0120-664-368】もしくはホームページのお見積りフォームにて、遺品整理のご相談やお問い合わせを承っております。お問い合わせをいただきましたら、担当者よりご連絡させていただき、現地でのお見積日時や作業現場の確認、作業依頼内容を打合せさせていただきます。

調整がつけば即日のお見積も可能です。電話での概算金額も提案できますが、正確な金額ではありません。正確な見積金額はお部屋を見てから提案させていただきます。ご相談、お見積りは無料です。

② 現地でお見積り

遺品整理を行う現地で、ご依頼者様と打ち合わせながらお見積りさせていただきます。ご依頼者様のご要望、ご予算、現地の状況に合わせて最適な作業プランをご提案させていただき、お見積金額を提示させていただきます。

ご依頼者様からのご要望がない限り、この時にご提示した金額、サービス内容が作業当日に変わることはありません。また、作業が終了する前にお見積り代などの形で料金をいただくこともありません。

③ ご契約

2021 Notebook and pen on wooden background (2021 schedule book)

無料お見積りで提示させていただいた作業内容と金額にご納得いただけましたら、作業を行う日時を調整したのち、ご契約となります。

ご依頼者様が作業当日に立ち会うことが困難な場合は、事前に作業現場のカギを預からせていただき作業を行うことも可能です。

④ 作業前ミーティング

遺品整理作業を行う前に作業の手順、スタッフの配置、ご依頼者様からのご要望などについて作業スタッフがミーティングを行います。

遺品整理作業の状況は現場ごとに異なります。また、ご依頼者様のご意向も様々です。それぞれの現場において作業スタッフ全員が「その現場の遺品整理」についての情報を共有していることが、スムーズでご依頼者様に安心していただける遺品整理を行うことにつながります。

⑤ 現場周辺へのご挨拶・養生作業

作業前に、現場責任者が現場周辺にお住まいの方へご挨拶させていただきます。遺品整理作業や搬出の際にご迷惑がかからないよう配慮します。

遺品や不用品の搬出作業の際に、お部屋や通路、階段、エレベーターなどに傷をつけないよう、搬出経路の養生を行います。

⑥ 遺品の仕分け・貴重品捜索・不要品分別

お部屋に遺された品の中から、貴金属や通帳、印鑑、各種証書などの貴重品、写真などの思い出の品、ご依頼者様に確認していただく品、不要品に分別していきます。また、お探しの品などありましたら、おっしゃって頂ければ合わせて探索いたします。

不要品は、リサイクル可能なもの、リユース(再利用)可能なもの、寄付などに活用できるものなどに細かく仕分けていきます。大変手間と時間のかかる作業ですが、一つ一つの品物を丁寧に仕分けることが、故人様やご依頼者様の想いに応えることになります。また、結果として遺品整理作業費の軽減にもつながります。

⑦ 梱包・搬出・積み込み

仕分けをした品物は段ボール箱などに詰め込んで梱包します。廃棄処分する品については、その地区の廃棄物処理条例に基づいた対応を行います。

品物の搬出には、パネルトラックを使用します。積み込みも仕分けた品ごとに丁寧に積み込みますので、周りから見ても遺品整理ではなく「引っ越し」の作業を行っているように見えます。

⑧ 室内の清掃

遺品整理と遺品・不要品の搬出がすべて終わったら室内を清掃させていただきます。

基本清掃作業の内容は以下のとおりです。

  • 各部屋の床の掃き掃除
  • 各部屋の掃除機がけ
  • ベランダ・玄関などの掃き掃除
  • フローリング床の拭き掃除
  • トイレ・風呂・キッチンなどの水周りを専用洗剤で清掃

これらの作業については見積額に含まれていますので別途料金を頂くことはありません。

⑨ 遺品・貴重品・室内の確認

遺品整理作業で見つかった貴金属や通帳、印鑑、各種証書などの貴重品、写真などの思い出の品などをご依頼者様にご確認いただきます。供養を希望される品につきましてはエバーグリーンでお預かりいたします。

遺品をご確認いただいた後は、作業完了後の室内を確認していただきます。

⑩ お支払い・整理作業完了

遺品整理作業完了の確認をしていただきましたらご精算となります。テレビ、冷蔵庫などの家電製品、家具や衣類など状態の良いものはリユース品として買い取らせて頂くか無料で引き取らせていただきます。買い取り価格については作業料金から差し引かせていただきます。

原則的にご精算は現金またはクレジットカードでお願いしております。諸事情によりお振込みでの支払いとなる場合は事前にご相談ください。

⑪ 遺品の供養

遺品整理作業で見つかった故人様の愛用されていた品や思い出の品の中には、ご遺族様にとっては不要のものも多くあります。しかしながらそれらの遺品をそのまま廃棄処分するのは忍びないものです。

写真や日記、愛用品、趣味の品々など段ボール箱2つ程度まで無料でお預かりし、弊社が提携しているお寺にてご供養させていただきます。ご希望の方には、ご供養後にご供養証明を発行させていただきます。

⑫ 形見分けの品の配送

遺品整理作業で見つかった故人様ゆかりの品の配送を希望される場合は、ご希望の配送先へお送りいたします。配送料は別途必要となります。

⑬ リサイクル品の整理

遺品整理で搬出される大量の不要品もエバーグリーンは可能な限り無駄にすることなく分別しリサイクル資源として活用します。

世界には物が足りなく困っている国々が多くあります。日本では不用品として廃棄されるような品も海外に輸出し、必要とされる人の元に必要な物を送り届けることに、エバーグリーンは力を入れています。

故人様が愛用されてきた品を、今を生きる世代に役立つ品として再生させることも、遺品整理業者の大切な役割です。

遺品整理はエバーグリーンにおまかせください

今回は、遺品整理とは何か?ということについて弊社エバーグリーンの考えをお話するとともに、悪質な業者の現状や見極め方、そしてエバーグリーンの遺品整理サービスについてご紹介してきました。

遺品整理についてお困りでしたらぜひ、エバーグリーンまでご相談ください。故人様とご遺族様の気持ちに寄り添いながら、心を込めた遺品整理を行なわせていただきます。

関連するコラム

365日 年中無休

相談・見積り無料

関東全域 + 大分県

どこへでも駆けつけます

※エリア外の依頼もご相談いたします

お電話でお問い合わせの方

お見積り依頼、ご質問や相談相談など
お気軽にお問い合わせください。

0120-664-368

年中無休 24時間受付

WEBからお問い合わせの方

お問い合わせ頂いてから、1日以内に
メールにてご返信いたします。

お問い合わせフォーム
電話アイコン

お急ぎの方はお電話から

タップで発信