• 遺品・生前整理

大田区で資材の卸業の建物の遺品整理の事例

大田区で資材の卸業の建物の遺品整理の事例-作業前画像 BEFORE
大田区で資材の卸業の建物の遺品整理の事例-作業後画像 AFTER
間取り -
作業人数 -人
作業時間 -
作業金額 - 円

Details 施工内容

  • 遺品整理
  • 家財査定・買取

長い間商売をされていた自宅兼事務所の遺品整理の作業でした。

1階が作業用資材の卸業を亡くなったお父様がご兄弟で経営されていました。見積にお伺いした時にはまだ軍手や安全靴などがたくさんありましたが、作業に入るまでに売却したり譲渡したりしたようですが、それでも沢山の作業用資材が残ってました。保管状態の悪い物もありましたが、殆どの品がリサイクル可能な物でしたのでお値段を付けて買取とさせて頂きました。

2階が居住スペースでしたが、書籍が多く初日の作業では書籍の搬出だけで丸一日かかり3トンの量となりました。

2日目の作業では作業用資材の搬出がメインとなります。作業服が100着、安全靴が50足、ゴム手袋、革手袋、軍手が約2000双有りました。種類ごとに箱詰めし搬出しましたが、2トン車で2台分のリサイクル品となりました。

3日目は不用品の仕分け作業となります。不用品は一般廃棄物収集運搬業者に依頼をし回収してもらいました。不用品は2トン車で満杯の物量となりました。

今回のご依頼では、遺品整理後の建物は解体するとのことですので、解体業者も弊社にて手配を行いました。解体業者と相談をして本棚やタンスなどは室内に残し、解体時に一緒に処理することになりました。本棚やタンスだけで2トン車2台分はありました。まだ使えるような物はリサイクル品として買い取らせていただきますが、今回は残す物が多かったです。2トン車で2台分の家具を搬出して処理するにはそれなりの費用がかかってしまいます。状況にもよりますが、木製品の処分は解体業者にお願いしたほうがご依頼者様の費用的な負担を軽くすることができます。

また、今回の作業で引き取らせていただいた軍手などは弊社で保管し、災害があった際に支援物資とて送り出せるように保管します。

関連する施工事例

365日 年中無休

相談・見積り無料

関東全域 + 大分県

どこへでも駆けつけます

※エリア外の依頼もご相談いたします

お電話でお問い合わせの方

お見積り依頼、ご質問や相談相談など
お気軽にお問い合わせください。

0120-664-368

年中無休 24時間受付

WEBからお問い合わせの方

お問い合わせ頂いてから、1日以内に
メールにてご返信いたします。

お問い合わせフォーム
電話アイコン

お急ぎの方はお電話から

タップで発信