▼ エバーグリーンのサービスを表示 ▼

遺品整理FAQ

遺品整理と部屋の片づけはどう違うの?

ご自身で行う部屋の片付けは、散らかっている物の整理や必要が亡くなった物の処分などが主な作業でしょう。

しかし遺品整理では、亡くなられた方の全ての遺品のチェックを行います。

ご身内の方でも意外と故人が何処に何を仕舞われていたのか知らない場合が多いものです。へそくりのように隠されている場合もございます。

遺品整理の作業は、かなり細かい作業となることが多いものです。


 

女性に遺品整理をして頂けますか?

故人が女性でも安心です

亡くなられた故人が女性という場合に、遺品の整理を「女性に行ってもらえないでしょうか?」というご依頼を頂くことがございます。

女性ならではの持ち物や衣類など、奥様や娘様の遺品。

他人の男性には見られたくない見てほしくない品物などがあるものです。

エバーグリーンでは、ご依頼を頂ければ「女性だけのチーム」が女性の部屋の片づけを行うので安心です。


 

遺品整理って何をするの?

ご自身で遺品整理する場合には、亡くなられた方の遺品の中から、「残しておきたい品」と「処分する品」を仕分けして整理します。

処分する品の中では「リサイクル」や「売却」するものに仕分けをし、残した品の中ではご自身が引き取るのか他のご身内の方が引き取るのかなど仕分けをします。


 

遺品を離れたとこまで運んでもらえますか?

もちろん運搬は可能です。
ご遺品の量、運搬距離により料金を提示させていただきます。
お気軽にご相談ください。


 

故人の思い出の品を無駄にして欲しくはないのですが

トイレットペーパーや洗剤等の日用品は国内でボランティア団体や社会福祉協議会、行政機関等へ寄付させていただいております。
国内でリサイクルのニーズがないようなものも海外では必要としている国が多くありますので海外に寄付しております。


 

遺品の供養はできますか?

はい大丈夫です。
提携のお寺に依頼し供養を行います。
特殊清掃現場の供養などもご対応いたしますのでご相談ください。


 

テレビや冷蔵庫等も処分できますか?

リサイクル品として再利用可能な物は買取致します。目安として製造年が5年前位まででしたら買取が可能です。
廃棄する物は家電リサイクル品として処分致します。
その場合は別途家電リサイクル費がかかります。


その他の遺品整理の詳細はこちら

関連ページ

フリーダイヤル 0120-664-368

メールでの無料お見積り

LINEでお問い合わせ

遺品整理特殊清掃のエバーグリーン
TEL 0120-664-368 メールでのお見積り このページのトップへ

エバーグリーンのサービス

エバーグリーンの作業について

エバーグリーンについて

家財整理相談窓口
日本除菌脱臭サービス協会
株式会社カイコーポレーション

メニューtel:0120-664-368お問い合わせこのページのトップへ