特殊清掃作業の流れ

ご遺体の発見からご相談・ご契約まで

1ご遺体が発見される

孤立死の現場家族・親族との関係の希薄化、地域コミュニティーの崩壊など様々な社会的要因で「孤立死」が増え続けています。

  • 新聞や郵便がポストに入ったままになっている。
  • 近所から異臭がすると苦情が入る。
  • 家にいるはずなのに電話に出ない。

このようなことから周囲が異変に気付きます。一人暮らしの高齢者世帯が増加している現在、死後2日以上たってから発見される事例は全国で年間3万件近くになっていると言われています。

2警察へ連絡

警察へ連絡呼び鈴を押しても反応がない。部屋をのぞくと人が倒れているようだ。病気で倒れているのであれば室内に入って様子を確認したり、救急車の手配が必要ですが、異臭がしたり室内にハエが大量に発生している様子が確認できる場合は明らかにすでに亡くなられていると判断できます。

その場合は「警察」への連絡が必要です。警察は亡くなられている方の死因が「病死」「自殺」「他殺」「事故」の何であるかを検証します。そのため不用意に室内に入らず現場をそのままの状態にしておきます。

3ご相談・お問い合わせ

フリーダイヤルでお問い合わせ警察が現場の状況を検証している間にエバーグリーンにフリーダイヤル【0120-664-368】でご相談いただくか、ホームページのお見積りフォームからご連絡ください。担当者よりご連絡させていただき、遺体の発見された状況などお伺いし、現場でのお見積日時を打合せさせていただきます。

「異臭がひどい」など緊急を要する場合は調整がつけば即日の見積も可能です。また特殊清掃用具を持ってお伺いし、現地でのお見積り後、提示した料金に納得していただきましたら、すぐに清掃作業に取り掛かることも可能です。

電話での概算金額も提案できますが正確な金額ではありません。正確な見積金額はお部屋を見てから提案させていただきます。ご相談、お見積りは無料です。

4現場への立ち入り・お見積り

現場への立ち入り特殊清掃を行う現地で、ご依頼者様と詳細を打ち合わせながらお見積りさせていただきます。ご依頼者様の要望、ご予算、現地の状況に合わせて最適な作業プランをご提案させていただき、お見積金額を提示させていただきます。

ご依頼者様からのご要望がない限り、この時にご提示した金額、サービス内容が作業当日変わることはありません。

5ご契約

ご契約無料お見積りで提示させていただいた作業内容と金額にご納得いただけましたら、作業を行う日時を調整したのち、ご契約となります。

ご依頼者様が作業当日立ち会うことが困難な場合は、事前に作業現場のカギを預からせていただき作業を行うことも可能です。

特殊清掃作業当日の流れ

6作業前ミーティング

作業前ミーティング特殊清掃作業を行う前に現場責任者が作業の手順、スタッフの配置、ご依頼者様からの要望などについてミーティングを行います。

特殊清掃作業の現場の状況は現場ごとに異なります。また、ご依頼者様のご意向も様々です。それぞれの特殊清掃現場において作業スタッフ全員が情報を共有していることが、スムーズでご依頼者様に安心していただける特殊清掃を行うことにつながります。

7養生作業

養生作業現場責任者が、作業前に現場周辺にお住まいの方へご挨拶させていただきます。特殊清掃作業や遺品整理作業・不用品搬出の際にご迷惑がかからないよう配慮します。

遺品や不用品の搬出作業の際に、お部屋や通路、階段、エレベーターなどに傷をつけないようにするため、搬出経路の養生を行います。

8消毒剤・消臭剤の散布

消毒剤・消臭剤の散布特殊清掃現場において気を配らなくてはいけないのは感染症対策です。スタッフは防護服を着用し、強力な除菌・消毒剤、消臭剤を室内くまなく散布します。

人が亡くなられた時の腐敗臭は一般に販売されている消臭剤や空気清浄機などでは消臭できません。現場の異臭の状況に応じてオゾン脱臭器による消臭を行います。

9特殊清掃・遺品整理・不用品の処分

特殊清掃消毒・消臭作業の終わった室内を状況に応じて片付けます。遺体発見が遅かった場合には腐敗による体液の染み出しで家財道具も汚染されたり臭いが染みついている場合があります。

また、室内には貴重品や故人様の思い出の品などもそのまま残されています。大切なものはしっかり探し出し、廃棄するものと分別します。

10汚染個所の解体・臭い止めの処置

汚染個所の解体体液などによる汚染の状況が床下・階下・壁の内部にも及んでいる場合にはその汚染箇所を解体します。

この場合はリフォームの作業となりますが、エバーグリーンのスタッフには内装工事経験者がおります。表面上見えない部分の汚染箇所をしっかり清掃し消臭します。

11オゾン脱臭・消臭

オゾン脱臭・消臭特殊清掃・遺品整理・搬出作業がすべて完了したらオゾン脱臭器で室内を徹底的に消臭します。

オゾン脱臭器は不安定なオゾンを空間に放出させることで臭気物質を酸化分解して脱臭します。オゾンの酸化力は塩素の6倍と言われ強力な脱臭、殺菌効果があります。

12現場の供養

現場の供養ご依頼者様のご要望により、特殊清掃の現場に僧侶に来ていただき供養をします。

また、遺品のみの供養をご希望の場合は写真や日記、愛用品、趣味の品々など段ボール箱2つ程度まで無料でお預かりし、提携のお寺にてご供養させていただきます。ご供養後はご供養証明をご希望の方には発行させていただきます。

13リフォーム

リフォーム特殊清掃作業中に汚染箇所を除去し臭い止めの処置を行うために解体した部分のリフォームを行います。

腐敗臭のひどい現場では壁や天井のクロスにも臭いが染みついているケースが多いです。その場合は室内のクロスの張替えも行います。床板の張替え、クロスの張替えなどの内装工事は提携している内装工事会社が行います。

14室内の確認

室内の確認特殊清掃および遺品整理作業で見つかった貴金属や通帳、印鑑、各種証書などの貴重品、写真などの思い出の品などご依頼者様にご確認いただきます。

遺品をご確認いただいた後は、特殊清掃作業完了後の室内を確認していただきます。

15お支払い・整理作業完了

お支払い特殊清掃作業完了の確認をしていただきましたらご精算となります。特殊清掃の現場では腐敗臭が染みついている家財道具が多く買取可能なものは少ない場合が多いですが、可能な限りリユース(再利用)品として買い取らせていただきます。

原則的にはご精算は現金またはクレジットカードでお願いいたします。諸事情によりお振込みでの支払いとなる場合は事前にご相談下さい。

特殊清掃作業後にエバーグリーンが行うこと

16遺品の供養

遺品の供養特殊清掃・遺品整理作業で見つかった故人の愛用されていた品や思い出の品の多くは、ご遺族様にとって不要の品であることが多いです。しかしながらそれらの遺品をそのまま廃棄処分するのは忍びないものです。

写真や日記、愛用品、趣味の品々など段ボール箱2つ程度まで無料でお預かりし、提携のお寺にてご供養させていただきます。ご供養後はご供養証明をご希望の方には発行させていただきます。

17形見分けの品の配送

形見分けの品の配送特殊清掃・遺品整理作業で見つかった故人ゆかりの品の配送を希望される場合は、ご希望の配送先へお送りいたします。
※配送料は別途必要となります。

18リサイクル品の整理

不用品の処理特殊清掃・遺品整理で搬出される大量の不要品もエバーグリーンは可能な限り無駄にすることなく分別しリサイクル資源として活用します。

世界には物が足りなく困っている国々が多く有ります。日本では不用品として廃棄されるような品も海外に輸出し、必要とされる人の元に必要な物を送り届ける事にエバーグリーンは力を入れています。

故人様が愛用されてきた品を今を生きる世代に役立つ品として再生させることも特殊清掃・遺品整理業者の大切な役割です。

フリーダイヤル 0120-664-368

メールでの無料お見積り

LINEでお問い合わせ

遺品整理特殊清掃のエバーグリーン
TEL 0120-664-368 メールでのお見積り このページのトップへ

エバーグリーンのサービス

エバーグリーンの作業について

エバーグリーンについて

家財整理相談窓口
日本除菌脱臭サービス協会
株式会社カイコーポレーション

メニューtel:0120-664-368お問い合わせこのページのトップへ