孤独死があった部屋の清掃作業について

弊社では特殊清掃の作業依頼を多くいただきます。

「特殊清掃」という言葉は業界用語であって、一般の人はあまり耳にしない言葉です。

変死(突然死、自殺)や殺人があった部屋の清掃作業を行う事です。

遺体の発見が遅れると遺体の損傷は激しくなります。特に気温の高い時期は顕著です。

冬場でも暖房機器の影響で損傷も激しくなります。

警察は遺体を引上げるだけですので、遺体があった場所は体液がそのままになってます。

特殊清掃業者は体液の除去、消臭消毒、原状回復までができないといけませんが、

見た目の体液のみを除去して「特殊清掃やりました」とお金を請求する業者もおります。

当然、部屋の臭いは消えてはおらずクレームとなります。

消臭作業では、体液の除去だけでは臭いを消すことはできません。その他にも必要な作業があります。

その必要な作業を行う技術がない業者が多いです。HPには特殊清掃を請けているように書いてあっても

実際には外注に出したり、未熟な技術で「適当な」作業をして終わりにしているのです。

弊社には「残置物は無いのだけど、消臭だけお願いしたいのだけど」との相談が多いです。

現場に行ってみると、どうやら同業他社が遺品整理と適当な特殊清掃だけ行った状態です。

酷いケースだと、玄関先で亡くなっていた部屋の片づけを行った業者は、

亡くなっていた場所にブルーシートを敷いて室内の残置物を搬出して、搬出作業が終わったら

ブルーシートを剥がして終わりにしてあった現場もありました。

故人の尊厳なんて何もありません。自分達の足が汚れないようにだけしか考えてません。

まずは、亡くなっていた箇所を綺麗に清掃してあげてから遺品整理を行うべきだと思いますし、

綺麗に清掃してあるからと言っても、亡くなっていた場所は踏んで歩かないようしてます。

どうしてもという場合には綺麗なタオルを敷いてから歩くようにしてます。

 

弊社に連絡を頂く方のほとんどの人がHPを見て連絡を頂きます。隅々まで見て頂いてから連絡を頂きます。

特殊清掃作業を必要とする方は急を要しているので、ネットで調べて直ぐに電話をして作業依頼を出しますが、

見せかけだけの業者には注意が必要です。値段が極端に安いところや、料金が明確に表示されていない業者は

注意が必要です。依頼する側の方も業者の選択には注意をお願いします。

 

地域貢献のために寄付しました

11月25日に、昨年に引き続き、木更津市社会福祉協議会主催の「福祉まつり」に出店しました。

日頃、作業時に買取してきた家電、日用消耗品等をバザーで販売しました。

一番人気だったのはトイレットペーパーで、販売を始めて30分もしないで50個が完売しました。

シャンプーや柔軟剤の詰替えパックも皆さん喜んで頂きました。

傾向としては家電製品よりは、日曜消耗品を購入される方が多いので、今後の現場作業の際にはもっとたくさん集めたいと思います。

 

今回の売上金の87590円は全額、木更津市社会福祉協議会に寄付させて頂き、会社内で貯金してきた貯金箱も買い物かごでいっぱい分を現金で寄付致しました。

買い物に来られた方には、弊社の作業内容に関心を持っていただき、いろいろと片付けの事を質問される方もいらっしゃいました。

来年の2月にバザーが開催されるので、その時には衣類関係を寄付したいと思います。

 

 

  

  

家の片づけをやり残してませんか

 

エバーグリーンでは遺品整理、生前整理、空き家整理、ごみ屋敷整理、ペット部屋消臭、特殊清掃、火災現場復旧と幅広く対応致します。

経験豊富なスタッフが対応いたします。女性の部屋の片づけ作業には女性だけのチームで作業にあたりますので、安心してお任せください。

ご家族が大切にしていた物を手放すのは忍びないと思います。でも、いつまでも置いて置くこともなかなか難しいですよね。

エバーグリーンではそういった思い出の品物は廃棄することはありません。リサイクル品として買い取らせていただき、有効利用致します。

廃棄してしまう事は簡単な事ですが、「どこかで誰かが」使ってくれていたら故人も喜んで頂けるのではないでしょうか。

「家を片付ける」と一言で言ってもとても大変な事です。片づけている途中で思い出の品が出てきたら手が止まってしまいますよね。

思い出の品で故人を偲ぶことも大切ですが、全ての物で手を止めていたら作業は先には進まないです。

効率良く整理作業を行うのには私たちと一緒に作業をする事をお勧めいたします。写真、手紙、貴重品、思い出の品は色々なところに

保管されています。それらを探し出すのが「家財整理専門」である私たちの役割です。

同じ部屋の片づけでも、便利屋さんなどは時間も短く安価で作業を行いますが、私たちは丁寧な作業を行いますので時間が掛かります。

丁寧な作業をするからこそ大切な物を見つけることが出来るのです。先日も依頼者の方が確認済みの封筒の中から10万円の現金を見つけました。

依頼者の方が「ここの物は中身は全て確認してあるので廃棄してください」と言われた物の中からです。

短時間で終えようとすると当然作業は雑になり、大事な物も見落としてしまいます。

作業料金もけっして安いものではありません。複数社から見積を取ることをお勧め致します。

見積に来た業者の方に色々な質問をしてみてください。

「ここにある物は、どのように取り扱いますか?使える物も捨ててしまうのですか?」

「廃棄物はどのように処理されますか?」

どの様な回答が返ってくるかも、業者選びの一つの選択肢にしても良いかと思います。

 

エバーグリーンは365日、24時間対応です。

遺品整理、生前整理、空き家整理、ごみ屋敷整理、特殊清掃、火災現場復旧、猫屋敷整理、各種消臭消毒を承ります。

対応エリアは関東全域は即日対応でお見積は無料です。

それ以外のエリアでも対応致しますのでお気軽にご相談下さい。

 

遺品整理 生前整理 ゴミ屋敷整理作業

火災が多い時期です

12月に入ってから火災があった方からのお問い合わせが急に増えて来ました。

3日間で4件のお問い合わせを頂いてます。ボヤであったために大きな被害にならなかった方や、隣の家の火災でもらい火をしてしまい全損になってしまった方からも相談がありました。

火災があった場合にはまずは「罹災証明」を消防署に発行してもらう必要があります。

罹災証明が無いとそこから先の手続きが進まないので、お問い合わせを頂くと、まずは罹災証明を取ってるのか?を確認致します。

次に確認する事は、保険会社からの指示がどうなっているか?を確認致します。損害保険会社には自前の火災現場復旧会社を持っている会社もありますので、見積に伺う事自体が無駄足になってしまいます。

また、火災現場の廃棄物に関しては通常の廃棄物の処理に比べて手続きが複雑です。行政の担当者と綿密な打ち合わせをしてから作業に入ることになります。

作業時には近隣への配慮も大切な事です。煤は飛散しやすいので、飛散には十分な注意と搬出ルートにはしっかりとした養生が必要になります。

火災があった場合にはまず弊社にご連絡下さい。

遺品整理特殊清掃のエバーグリーン
TEL 0120-664-368 メールでのお見積り このページのトップへ

エバーグリーンのサービス

エバーグリーンの作業について

エバーグリーンについて

家財整理相談窓口
日本除菌脱臭サービス協会
株式会社カイコーポレーション

メニューtel:0120-664-368お問い合わせこのページのトップへ