きちんとした特殊清掃業社の選び方

遺品整理業を行う会社が増え続けてますが、特殊清掃業を行う会社は増えてはいないように感じます。

この1年位の間に、弊社にお問合せを頂く内容に

「他社に特殊清掃をやってもらったのだけど、臭いが消えてないので、、、」

といった相談が多くなりました。

実際に現地にお伺いしてみると見た目は綺麗になっているけど臭いがまだ残ってます。

フローリングの上の掃除はしたけど、床下まで流れてしまった体液の処理が出来ていなかったり、

臭いの染みついてしまった壁紙を剥がしてない状態のままとなっています。

フローリングを剥がしたり、壁紙を剥がしたりする作業は内装工事業者でなくても作業は出来ますが、

その手間を惜しんで小手先だけの作業をすると、後々にクレームの元となってしまいます。

体液の清掃の後はオゾン脱臭機を使った消臭作業になりますが、ここでも大事な事があります。

体液で汚染された箇所しか清掃をしていないと、その後にいくらオゾン脱臭機を使っても臭いは消えません。

トイレが汚れていたり、流し場が汚れていたりしたらそこから異臭が出ているのです。

また、孤独死があった部屋では警察の現場検証が行われますが、その際に汚染された手で部屋のあちらこちらを

触ったりするので壁や柱などが汚染されます。さらに、汚染された箇所を踏んだ足で部屋を歩き回るので床の汚染箇所も

広くなってしまいます。

さらに、警察は貴重品を持ち出すために部屋中の捜索を行いますが、引き出しの中の物は床にひっくり返えされてます。

一見すると強盗に入られた部屋の様になってます。

特殊清掃での消臭では、御遺体があった場所だけで無く、部屋全体の清掃を行ってからの消臭作業が大切になります。

 

オゾン脱臭に関してですが、間違った使い方をしてる業者も多いように感じます。

「オゾン脱臭機を稼働し続ければ臭いは消える」と思っているのか、ひたすらオゾン脱臭機を動かします。

そんな事をしていたら機械自体が壊れてしまいますし、室内にある物にも悪影響です。

さらに、あまり高濃度のオゾンになってしまうとそれ自体が残留臭の元となってしまうのです。

弊社では、部屋の広さや臭いの状態、室内の温度や天気、建物の構造等を加味して

オゾン脱臭機の稼働時間と停止時間をタイマーでセットします。

特殊清掃作業を依頼する際に

「オゾン脱臭はどのようにして行いますか?」

と質問してみてください。それだけで、その業者の技術力が分かります。

弊社では、どのような状況でも適切な作業ができるように日々研究とスタッフの技術力向上の勉強会を実施しております。

 

エバーグリーンは365日、24時間対応。遺品整理、生前整理、空き家整理、ごみ屋敷整理、特殊清掃、火災現場復旧、猫屋敷整理、各種消臭消毒を承ります。対応エリアは関東全域は即日対応でお見積は無料です。それ以外のエリアでも対応致しますのでお気軽にご相談下さい。

 

消臭作業  オゾン脱臭・消臭

遺品整理特殊清掃のエバーグリーン
TEL 0120-664-368 メールでのお見積り このページのトップへ

エバーグリーンのサービス

エバーグリーンの作業について

エバーグリーンについて

家財整理相談窓口
日本除菌脱臭サービス協会
株式会社カイコーポレーション

メニューtel:0120-664-368お問い合わせこのページのトップへ