遺品整理とは

お身内の方が亡くなられると、悲しみと共に、部屋に残された数多くの品の処分

に悩まれる遺族様は少なくありません。

故人様が使われていた家具家電衣類などの日用品、雑貨や本、趣味の品は、お一

人の方の人生を反映する為か思いがけない程の分量である場合が多く、全て残し

ておく事は近年の住宅事情では難しいです。

かといって、全てをただ捨ててしまうのも心が痛みますし、貴重品まで捨て

てしまっては困ります。

「仕事の都合や住んでいる場所からの距離の問題があり、形見分けや整理作業の

時間がとれない」

「いったい何から手をつければいいか分からない」

「遺品を放置しているのは気がとがめるけれど、自分片付けるには思い出が多す

ぎて・・・」

そんな時は、弊社にご相談ください。

数多くの整理作業を経験したスタッフが、遺族様のお気持ちに寄り添う心で、遺

族様に代わり遺品整理させていただきます。

合同供養

 

 

 

 

 

●遺品整理と部屋の片づけはどう違うの?

遺品整理は単なる部屋の片付けやゴミ処分ではありません。

遺品整理がただの片付けと最も違うのは、

「どこにあるかわからない大切な物や貴重品を探しながら、部屋の整理をする」

という点です。

大切な思い出の品を見つけ出し遺族様のお手元にお渡しする事で、故人様との思

い出をしのぶ縁にしていただけますし、通帳や証書類があれば相続等の手続きを

スムーズに進められるようになります。

「部屋が片付いて、故人も私もほっとしたように思える」

と、お声をかけて頂いた事もあります。

物の整理だけではなく、遺族様のお気持ちまで整理するお手伝いをしたい。

それが本当の遺品整理であると、弊社では考えます。

お見積もりは無料で伺います。

お見積もりの際に、作業へのご要望やお伺いするご希望時期、お部屋から探し出

してほしい品などありましたら何でもお知らせください。

作業の際には、お部屋の品をひとつひとつ目で確認し、ご依頼時にお伺いしたご

要望に添って思い出の品や貴重品を探しながら部屋の片づけを致します。

本は挟まれた物がないかページをめくり、引き出しはひとつひとつ開けて、スー

ツやジャケットのポケットの中身まで確認します。

ただ不用品を片付けるのではありません。

しっかりと部屋を片付けつつも、残しておきたい大切な物を探し出し、遺族様に

お引き渡しいたします。

探して欲しい、残しておきたい品物はなんですか?
・現金 通帳 金券 印鑑などの現預金関連

・株券 権利書 契約書類などの重要書類

・時計 貴金属などの貴重品

・アルバム、写真、日記、手帳などの思い出の品

どんな物でも可能な限り探し出します。

弊社は(社)遺品整理士認定協会より遺品整理管理基準適合会員として認定を受

遺品整理士認定協会ライセンス証明書

 

 

 

 

 

 

けており、お部屋の整理には遺品整理士、事故現場特殊清掃士、遺品査定士と

いった資格者がお伺いしますので、遺品整理後の不要な家具や日用品の買い取

り・リサイクル・処分はもちろん、物を片付けた後の清掃もお引き受けいたしま

す。

事故や孤独死のあったお部屋も、遺族様が入室できるよう特殊清掃や除菌脱臭ま

で全て弊社で一括対応できますので、複数の業者に依頼し日程調整するといった

お手間はかかりません。

期日までに退去したい等のお急ぎの場合には、見積もり後、即日遺品整理作業を

する事も可能です。

遠方にお住まいであまり時間をかけられない方も、最小限の日数で退去完了出来

るよう対応させていただきますので、まずはご相談ください。

丁寧かつスピーディーな対応で、故人様の部屋を整理清掃いたします。

 

●遺品整理には高額の費用が掛かるのでは?

とお悩みの方は、まずは無料お見積もりをご依頼ください。

無理な営業はいたしません。

お見積もりを見てご納得いただけた場合のみ、ご契約となります。

弊社では、相場より安く見せかける為に基本料金こそ安いものの作業項目別に追

加料金がかかるような分かりにくい料金体系ではなく、

基本料金に通常の遺品整理で必要になる全ての作業が含まれた、分かりやすく適

正な作業料金で対応いたします。

お部屋の汚損や匂いが強い場合は別料金で特別な清掃も行いますが、その場合に

は作業内容や基本料金内の作業との違いなどをきちんとご説明し、ご依頼主様が

必要と判断された場合のみ追加作業を致します。

お部屋が片付かないままですと、賃貸でしたら家賃や共益費が、持ち家でしたら

維持費が刻々と掛かってしまいます。

遺品整理をご依頼いただくと一時的に作業費用は掛かりますが、トータルでの負

担を抑えられる場合もございます。

負担を少しでも抑えたい場合には、お早めにご相談ください。

遺品整理の料金は、お部屋の広さや荷物の量、作業にあたるスタッフの人数等に

より変動いたしますが、目安といたしまして、

1ルームのお部屋で、荷物は軽トラック1台分ですと4万円~。

1LDKのお部屋で、荷物2tトラック1台分ですと7万円~。

ファミリー向け3LDKのお部屋で荷物2tトラック2台分ですと20万~となります。

これらの金額はおおよその金額です。

お見積もりは完全無料ですので、部屋の大きさに対し荷物の量が多いなど金額に

不安がある場合にはまずお見積もりをご依頼下さい。

 

●遺品整理のご依頼方法と、作業のすすみ方

1.ご相談・お見積もり

・フリーダイヤル 0120-664-368 (8時~20時)

・お見積もりフォーム (24時間)

・LINE (ID:eg7830 24時間)

にてご連絡ください。

 

「遺品整理といっても何をしたらいいか分からない」

「見積もりの時どうしたらいいの?」

という方は多くいらっしゃいます。

最初のご連絡時には、故人様の部屋の住所さえ分かれば大丈夫ですのでご安心下

さい。

お見積もりの日程を調整し、現地にてお見積もりとご相談をお受け致します。

分からない事、ご不安点、ご要望などありましたら小さな事でもお聞かせくださ

い。

お見積もりと対応にご納得いただけましたら、ご契約書に署名押印をお願いしま

す。

 

2.作業前の準備

当日集合したスタッフはすぐに作業に入る訳ではなく、まずは依頼者様のご要望

やその日の作業の注意点についてミーティングを行います。

作業手順やご要望をスタッフ全員がしっかり共有し、より遺族様のお気持ちに

沿った遺品整理ができるよう心がけております。

その後は、作業でご不便をおかけするご近所様への挨拶と、荷物の搬出作業の際

に建物や建具を汚したり傷つけないよう緩衝材で覆う養生を行います。

事前の準備にも手は抜きません。

作業前ミーティング

 

 

 

 

 

 

3.遺品仕分け・搬出

全ての遺品をチェックして、荷物を「貴金属や通帳、証書などの貴重品」、「ア

ルバムなど思い出の品」、「スタッフでは仕分けの判断に迷う要確認の品」、

「リサイクル/リユース可能品」、「不用品」に仕分けます。

仕分けは遺品整理士が全ての品を目で見て中身を確認し、故人様の残した大切な

品物がないか探しながら行います。

仕分けられた品物は適切に梱包し、搬出します。

型式の新しい家電製品買い取りして、代金は作業料金から差し引かせて頂きま

す。

ご希望により、鍵をお預かりしスタッフのみで作業する事も、お立ち会い頂く事

もできますのでお申し出ください。

仕分け・分別

 

 

 

 

 

4.清掃・作業完了

遺品整理と荷物の搬出が終わりましたら、室内の清掃をいたします。

お部屋の掃除機かけとベランダや玄関まで含む掃き掃除、また水周りは専用の洗

剤で清掃いたします。

清掃が終わりましたら依頼主様に作業完了の確認をお願いします。

確認後、作業料金をお支払い頂きます。

清掃

 

 

 

 

 

5.形見分け発送、リサイクル、不用品処分

貴重品や大切な思い出の品は、遺族様のお手元へお引き渡しします。

遠方の親族様やご友人へ形見分けをされる場合、弊社で代理発送も対応いたしま

すのでお申し付けください。

型式の古い家電、使いかけの消耗品、衣類等はなるべく破棄はせず弊社で引き取

り、社会福祉業議会バザーや海外の必要とされている方に寄付をいたします。

使えるものはなるべく捨てないで必要とする方に使っていただく事が、故人様の

お気持ちに沿うと弊社では考えています。

そのまま再利用の出来ない古紙やプラスチック、調理器具などの金属製品はリサ

イクルをいたします。

残念ながら破棄となる品物は、責任を持って地域条例に従い処分します。

リサイクル・処分

 

 

 

 

 

6.遺品のご供養

依頼者様にご確認いただき処分となる品物の中で、故人様の愛用品や人形、仏壇

など、そのまま破棄するにはしのびないお品物は、ダンボール箱2箱を目安に弊社

でお預かりし、無料で提携のお寺にてご供養させて頂きます。

ご供養証明書を発行します他、ご供養に参列していただく事もできますのでお問

い合わせください。

合同供養

 

 

 

 

 

遺品整理という仕事を請け負う誇り

近年、遺品整理を請け負う会社は急速に増えてきています。

高齢化や少子化により、一昔前でしたら遺族様が行っていた形見分けや遺品整理を

ご自身でされるのが難しくなっているので需要が増えている事、またTV等のメディア

で紹介される例が増えている事から、新規参入する会社が多いようです。

しかしその中には、「遺品」がただの「ゴミ」ではないという事を理解せずに、単なる荷物整理や、

部屋の清掃として作業してしまう業者もあります。

故人様が遺された遺品は、ただの物ではありません。

私たちは、故人様が生きていらした証を示す遺品を粗末に扱う事は致しません。

大切な物は全てお引き渡し出来るようきちんと確認しながら作業をし、

依頼者様がお引き取りできない品物もできる限り破棄はせず、再利用やリサイクルさせて頂きます。

遺族様と故人様のお気持ちのこもった遺品の整理を任せていただいている。

その気持ちと信頼にお応えできるよう、ご依頼に精いっぱい対応いたします。

P1070390

遺品整理特殊清掃のエバーグリーン
TEL 0120-664-368 メールでのお見積り このページのトップへ

エバーグリーンのサービス

エバーグリーンの作業について

エバーグリーンについて

家財整理相談窓口
日本除菌脱臭サービス協会
株式会社カイコーポレーション

メニューtel:0120-664-368お問い合わせこのページのトップへ