特殊清掃の現場

オゾン脱臭機の2台体制衆院選も終わり、世の中はいよいよ年末モードですね。

明日の現場の準備完了しました。午前中に千葉市内で特殊清掃の後消臭作業です。オゾン脱臭機を設置し、24時間スケジュール運転を行います。

午後からは都内で特殊清掃の作業です。こちらは亡くなって部屋はそのままの状態で、布団から畳、床下までと汚染物されているようなので床を剥がす工具と、特殊塗料を、持っていきます。電気も止まっているので発電機も持っていてます。作業後にオゾン脱臭を行います。

明日はオゾン脱臭機の2台体制です。

現場主義

こんにちは。エバーグリーンの大邑です。12月になり遺品整理、生前整理のお問い合わせをいただいてます。今日はペット部屋の相談がありました。

あと、求人を出してまして毎日多くの問い合わせをいただいてます。弊社は志望動機が明確な方としか面接はしません。流行りの仕事だとか、賃金面が良いとかの理由での志望動機では書類選考でアウトです。そのために書類を送ってもらってるのです。

あと、同業の方から電話を頂きます。
「仕事を斡旋するから○○%のバックマージンをください」
って業者さんとは取引はしません。

弊社は「現場主義」です。自分たちで依頼を受け、自分たちで作業で行うのがモットーです。お互いに理念を共感できる業者さんとしかお付き合いはしません。それは、弊社が業者さんから依頼を受ける時も、弊社が他社に依頼をする時もおなじです。

同業者がここ2年で10倍は増えたお思いますが、ご依頼者の立場で仕事をしている業者はどのくらいあるのでしょうか?企業ですから「儲け」は必要かとおもいますが、儲けばかりを求めては如何なものかと。

企業の在り方は色々だとはおもいます。が、ご遺族の立場を蔑ろにはできません。

サービスの供給過多となったこの業界はますますバランスを崩していってしまうではないかと危惧してしまいます。

2周年

オゾン脱臭機おはようございます。エバーグリーンの大邑です。

おかげさまで、エバーグリーンとして遺品整理業を始めて12月1日でちょうど2年となりました。準備期間を入れると3年になります。

右も左も分からないまま開業し、多くの方々のご指導やご協力を頂きながらここまで来ました。立ち上げ時からいたスタッフが先月で退社し、12月より心機一転頑張ります。これからもお客様のお役にたてるように誠心誠意頑張ります。

これからもエバーグリーンを宜しくお願いいたします。

さて、新生エバーグリーンですが今日もお困りの方からの相談で現場に行きます。孤独死があって日時が経過してしまて布団からフローリングにまで汚染されているようです。床を剥がす必要もあるかと思うので電動ノコギリも持って行きます。オゾン脱臭機も忘れませんよ。

遺品整理特殊清掃のエバーグリーン
TEL 0120-664-368 メールでのお見積り このページのトップへ

エバーグリーンのサービス

エバーグリーンの作業について

エバーグリーンについて

家財整理相談窓口
日本除菌脱臭サービス協会
株式会社カイコーポレーション

メニューtel:0120-664-368お問い合わせこのページのトップへ